PAGE TOP

「毛抜き」や「カミソリ」が毛嚢炎の原因?

初めての家庭用脱毛機!

初めて家庭用脱毛機を使った感想などをご紹介します

「毛抜き」や「カミソリ」が毛嚢炎の原因?

毛抜きやカミソリによる無駄毛の自己処理を頑張っている方はいませんか?

こんな方の多くが悩まされやすい肌トラブルと言えば、毛嚢炎があります。

「毛嚢炎」と言う名前だけ聞くとパッとしないかも知れませんが、「無駄毛の処理をした後に出来る赤いブツブツ」と言えば分かりやすいでしょう。

ちなみに、毛嚢炎はニキビと間違えられることも多いようです。

ここで、「無駄毛の処理をしているだけなのに、なぜ肌が炎症してしまうのだろう?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

毛抜きで無駄毛を抜くこともカミソリで無駄毛を剃ることも、自然に逆らって故意に肌に負担を加えることになるからです。

だからこそ、無駄毛が処理できても無駄毛があった毛穴に隙間が出来てしまい、その隙間から表在ブドウ球菌が侵入して肌にダメージを及ぼすのです。

カミソリでの無駄毛の処理は数日に1度行う方が多いでしょうし、毛抜きでの無駄毛の処理はカミソリよりも頻度が少ないとは言え、同じように無駄毛がなくならない以上は何度も繰り返す必要のある自己処理の方法です。

毛抜きを使うとカミソリのような剃り跡が残らず、さらに無駄毛の生える周期が延びると言うだけのことです。

毛嚢炎を予防するためには、まず今後も自己処理を続けるのであれば、清潔な自己処理を心掛けることです。

特にバスルームは湿気が多くて菌が発生しやすく、使用済みの毛抜きやカミソリにもきっと菌が付着しているはずです。

これでは自己処理の前にどんなに肌を綺麗な状態にしていても、道具で肌に菌を付けながら無駄毛の処理をしているようなものです。

なので、自己処理を行う上での毛嚢炎対策としては、毛抜きやカミソリなどをアルコールで消毒してこまめに新しいものと交換すると良いでしょう。

無駄毛の処理方法にこだわらないのであれば、無駄毛を確実に減らして自己処理の頻度を減らすことの出来るエステサロンやクリニックの脱毛コースを利用することです。

一気にまとまった費用がかかるのは事実ですが、脱毛効果だけではなく美肌効果のある脱毛方法もあり、肌を労った無駄毛の処理を行うことが出来ます。

関連記事