PAGE TOP

医療脱毛のメリット・デメリットについて

初めての家庭用脱毛機!

初めて家庭用脱毛機を使った感想などをご紹介します

医療脱毛のメリット・デメリットについて

脱毛方法にはいくつかの種類があるのですが、大きく医療脱毛とエステ脱毛とがあります。

医療脱毛は名前の通り医療行為である脱毛で、基本的には医療機関でなければ受けることが出来ません。

つまり、エステサロンで医療脱毛を受けることは不可能で、医療脱毛を受けるためにはクリニックのような医療機関を利用する必要があります。

医療脱毛と言えば、レーザー脱毛があります。

エステ脱毛ではレーザー脱毛と似たような脱毛に光脱毛があるのですが、光脱毛で使用する光はレーザーよりも刺激の少ない光です。

ただ、いずれも毛のメラニン色素に反応する光を照射して、無駄毛の毛根の働きを抑制して毛の再生を妨げる点では共通しています。

それで、医療脱毛のメリットと言えば、まずは刺激の強いレーザーを使用するだけにエステ脱毛以上の脱毛効果が期待できることです。

しかも、最近人気が高まっている光脱毛に比べて歴史も長く、効果の永久性も認められています。

ここで、「効果が高ければ、それだけ肌への刺激も強く痛みや肌トラブルのリスクもあるのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。

医療脱毛は国家資格を持つ、医師でなければならない

でも、医療脱毛は国家資格を持っていて肌の専門家である医師のいる医療機関で行われます。

医師の診察があり、医学的な判断を元に施術が行われるので安心です。

万一何らかの肌トラブルや気になることがあっても、医師がいることが心強いです。

逆に、医療脱毛のデメリットと言えば、施術1回当たりの費用がエステ脱毛よりも高額になりやすいことです。

最近ではキャンペーン価格を設定している医療機関が増えているものの、1部位の脱毛だけでも1回当たり数万円の費用がかかることもあります。

1回当たりの効果の高さを考えると結果的にはエステ脱毛と変わらない費用になることが多いのですが、やはり表示価格のみをパッと見ると驚く方が多いでしょう。

1回当たりの費用が高いと言うことはそれだけ契約時に大きなお金が必要になると言うことですから、契約の判断は即決ではなく複数の医療機関で話を聞くなどして慎重に行うことをお勧めします。

関連記事